眼瞼下垂・瞼(まぶた)の下垂症の治療

二重まぶた・二重手術・目の整形・目元の若返り・大阪・梅田・美容整形・Kunoクリニック
眼瞼下垂治療
二重瞼形成に全切開は必要ない
新挙筋法 若返り&パッチリ二重
眼瞼下垂の治療
目頭切開 自然で傷跡がわからない
目尻切開 自由なオリジナルデザイン
二重手術で失敗しない方法
ご予約からアフターケアまで
Kunoクリニック九野院長紹介
無料カウンセリング予約
無料メール相談

症例ページ一覧
瞼の形成術
目元の若返り
スペシャルメニュー
その他 メニュー
*
眼瞼下垂治療最新症例写真

眼瞼下垂とは、一般的には瞼の開きが充分でない状態を指しますが、大きく分類して@真性眼瞼下垂(神経 や挙筋の麻痺や断裂等が原因のもの)とA仮性眼瞼下垂(挙筋腱膜の弛緩や上眼瞼脂肪過多または上眼瞼陥 凹症、上眼瞼のタルミや皮膚の肥厚等が原因のもの)に分類することができます。
一般的には@の真性眼瞼下垂が保険適応対象でAの仮性眼瞼下垂は保険適応対象外なのですが、現状ではA に対しても保険診療と見做してリスクや自己負担金額の高い「挙筋短縮術」や「挙筋前転術」をされてしまっているケースが散見されます。

然しながら、「挙筋短縮術」や「挙筋前転術」では、二重ラインがガタガタになる、瘢痕が硬くなる、引き攣れる、コブができる、目の形に左右差が生じる、瞼が閉じれなくなる(兎眼)、その結果ドライアイにな る、却って瞼が開きづらくなる(医源的眼瞼下垂)、瞼が開きすぎて三白眼になる、睫毛が挙がらない、ダウンタイムが3ヶ月前後かかる、頭痛が生じる、などの合併症、問題点、後遺症が起こることがしばしば見受けられます。従いまして、医師から眼瞼下垂だと診断されたとしても、或いは保険診療であったとしても、適応がなければ全切開を伴う「挙筋短縮術」や「挙筋前転術」を決してしないで下さい

最近当院では@の真性眼瞼下垂症例に対しても、新挙筋法を試みて一部に良好な結果を得ることができてい ます。先ずはリスクや費用の低い新挙筋法から試みることも選択肢に入れて頂き、御検討下さい。当院では 2針4点固定新挙筋法でも上手く瞼が開かなかった方でさえ、最大5針10点固定新挙筋法で開眼が上手く いった症例もございます。尚、新挙筋法は埋没法の一種ですので、針穴だけで済み、取り返しのつかない合 併症もなく、万一の場合でも糸を抜去したり、やり直すこともできます。また、当院の新挙筋法は立体4D デザインによる開眼度の左右差調整もでき、ライン持続率は5年間のDATA集計により2針4点固定以上で98.8%を誇っています。

眼瞼下垂の症例

メスを用いず上下瞼のタルミを改善し、若返りたい。

メスを用いる挙筋前転法や挙筋短縮術だと傷跡が目立ち、却って開閉眼障害が出ることも多いため、たとえ保険診療でも第一選択としてはお勧めできません。挙筋機能があれば、特殊立体デザインの埋没法である挙筋法や、脱脂併用で、充分眼瞼下垂は改善でき、自然な仕上がりになります。

眼瞼下垂の症例

3回以上の切開術を受け、右瞼が開かなくなったのを治したい。

右上眼瞼の眼瞼挙筋が、数度の切開によってダメージを受けていましたが、他院による挙筋前転法と当院のエレクトロポレーションおよび5針10点固定新挙筋法により、開閉眼障害がほぼ治りました。

眼瞼下垂の症例

切開することなく、左瞼の開きを改善したい。

義眼側の左瞼の開眼度を改善する目的で、他院にて埋没手術を受けられたが改善されず、切開法しかないと言われたが、当院にて切開法を用いずに改善しました。

重ねて申し上げますが、担当医から主観視診のみで「あなたは眼瞼下垂だ」と診断される場合がございます が、決して安易に切開法をしないようくれぐれもご注意下さい

*

挙筋度が選べる
お一人様お一人様の瞼のタルミや陥凹(くぼみ)の程度に合わせて、最適な挙筋度を御提案させて
頂きます。

挙筋度の図表

最深挙筋

最深挙筋 ・タルミGrade:高度

・陥凹Grade :高度

・下垂Grade :高度

症例:13/44/43/4
症例1

症例:22/43/42/4
症例2

※タルミGradeよりも、陥凹Gradeの方が上回る場合には、術後に少しだけ陥凹が残る場合がございます。

3/4挙筋

3/4挙筋 ・タルミGrade:中等度

・陥凹Grade :中等度

・下垂Grade :中等度

症例:13/44/42/4
症例1

半挙筋

半挙筋 ・タルミGrade:軽度

・陥凹Grade :軽度

・下垂Grade :軽度

症例:12/41/42/4
症例1

症例:21/41/41/4
症例2

症例:31/40/41/4
症例3

※陥凹GradeよりもタルミGradeの方が上回る場合には、マイクロ切開脱脂を併用することもございます。

左右差改善

左右差改善 瞼の開眼度が左右異なる場合には、左右それぞれ 異なる立体デザインを施します。但し、全ての右 左差が完全に解消されるとは限りません。タルミ ・陥凹・下垂、各々のGradeに合わせた最大効果 のデザインを施すことにより、結果的に元の左右 差が最少となります。

症例:1
症例1

症例:2
症例2


*

全切開や3針6点固定は不要!挙筋を痛めずパッチリ二重を実現する新挙筋法。1〜2本の
糸でまぶたの開眼度まで立体的にイメージしてご本人様の理想に合せる究極の職人技です。

HOME料金一覧銀座院のご案内梅田院のご案内
銀座院 無料メール相談

無料カウンセリング
梅田院 無料メール相談

無料カウンセリング
*

予約*スタッフ紹介オリジナル施術特色*資料請求モニター募集特別料金ご案内通常料金ニュース&トピックスリンクメニュー*アクセス採用情報お問い合わせ

*
*